宮崎市 幼児教室 幼児教育 幼児教材 の あさひ英才教育センター

あさひ英才教育センター

トップ > お知らせ

最近の記事

上には上が、、、。

 随分前の話ですが、私がこのコーナーに書いた記事について、わざわざ関東の方から電話が入った事があります。「漢字検定4歳8か月で最年少満点合格って書いてあったけど、うちの子供は4歳6か月で合格したわよ。」と。点数を聞いたら満点に近かった、とのこと。
 残念ながら、「満点」と「満点に近い」とでは雲泥の差があります。毎回各級10万人以上の合格者を出す漢字検定において、協会賞をとることが出来るのはただ1人だけです。満点をとった上で最年少(多分そういうことではないかと思います。何故なら息子が8級を150点満点中149点で合格した年には協会賞は頂けませんでした。)、そして年に1度の表彰式で表彰されます。
 今は個人情報にうるさくなっているので、協会に問い合わせても個人の名前は出さないとのことですが、表彰式においてはそれを知ることが出来ます。嘘だと思われる方は是非1度表彰式に参加出来るよう頑張ってください。
 そして、一番大事なことは、このコーナーでの最年少合格というのは当センター内のものであるということです。子供達が頑張ったことをお披露目する場でもあります。こんな田舎でも全国区で頑張っている子供達がいるということを私は自慢したいので、これから先も記事を読んで「うちの子の方が上」と思われる方が出てくることと思われますが、それはそれで素晴らしいことだと思います。どうぞどんどん頑張ってください。そして、楽しい情報があったら、電話ではなくメールで教えて下さい。残念ながら昼間はゆっくりお話する時間がありませんので。
 先日、2年生の長男が漢字検定の4級に合格しましたが、全国には3年生で2級合格、9歳で準1級合格、4年生で1級合格という強者がいます。どう頑張っても追いつけそうにはありません。毎日,精一杯やっているつもりなのですが、、、。
 世界地図で見ると小さな日本ですが、漢字1つとっても日本は広いんだなあと痛感します。

固定リンク | 2010年03月10日【37】

年頭所感

 新年あけましておめでとうございます。昨年後半は新型インフルエンザに振り回されて、いつも行くスーパーのレジのおばさんにも挨拶がてら「去年は大変な年だったわね〜。」と言われる程でした。
 これから先、いくらでもこのような事態が起こると考えられます。何が起こっても不思議ではない。それにどう対処していくか、親として、私個人としては教育者としての能力が問われる大切な年になるのだという覚悟を持って何事にもあたらなければならない、という思いで新年を迎えました。
 小さな子供達、可愛いばかりでは済まないことも沢山あります。日々の学習、習い事、今時の親が当然子供に要求することに完璧に応えられる子供ばかりではありません。1つの結果で全てを判断したり悲観する必要は全く無く、大切なのは、その結果に対してどう対応するかということです。良い結果が出て油断するか、悪い結果が出て泣き暮らすか、、、。人生最後の試練ならばそれでも良いと思います。でも、とりあえず前向きに進みましょう。進みながら反省すれば良いのです。立ち止まっては何も変わらない。
 子供達には無限の可能性があります。小学生や中学生では人生は決まりません。それを信じて、支えてあげるのが親の勤めだと私は思います。
親の私達も順風満帆で生きてきたわけではないので。
 最後になりましたが、お正月返上で頑張ってきた?2月の漢字検定受験者の皆さん、合格目指して頑張りましょう。
 今年もよろしくお願い致します。
 
 

固定リンク | 2010年01月11日【36】

光陰矢の如し

 気がついたら、随分長い間更新していなかったようで、時々この「お知らせ」を覗いて下さっている方々からとうとう「大丈夫?」とのメールが山盛り、、、。
 長男が小学校にあがり、早起きをしなければならなくなったことと、去年の夏位から急激に生徒さんが増えたことで一杯一杯でした。新年度に入ってからも新たに多数の生徒さんが入会され、一週間があっという間に過ぎていきます。
 運送業の幹部であるご父兄から聞いた話によると、「不景気になると流通が減る。今、都心部が受けている不況の影響を地方が受けるのは半年後」だとか。「このご時世に決して安くはない(すみません)授業料を払わなければならない当センターの生徒さんが増えることは有難いことだ」と。
 本当にそうですね。
 そして、ご父兄が楽しい方ばかりで、子供達も元気で、1人1人と週に一度ずつ会うのが楽しみで仕方ないので、このように忙しく仕事が出来る私は幸せだなあとつくづく思います。
 当センターを支えてくださる皆様に感謝し、次回からは少し真面目なお話で早めに更新していきたいと思います。

 
 
 
 

 
  

固定リンク | 2009年06月15日【34】

漢検・数検、最年少合格おめでとう!

 今回、当センターから最年少合格者が2人でました。漢字検定10級においては、まだ4歳8か月の磯芽吹君が満点合格。当センターでは5歳9日目で10級,5歳9か月で9級に満点合格し、日本漢字検定協会賞を二度受賞した脇崇人君の記録を更新しました。すばらしいですね。
 また児童数検においても、脇憲人君が5歳1か月で6級に合格しました。
 この状況でどうして新聞に載らないのか不思議だとよくご父兄や知人に言われますが、宮崎で一番大きな地方新聞が幼児教室を経営しているためなのかもしれませんね。それは「全国表彰」されることで良しとしましょう。
 漢字検定出版の合格体験記にもちらっと出ていますので、機会がありましたらご覧になってください。
 それに、当センターにはまだまだ最年少合格者予備軍が沢山います。これから伸び続けるであろう子供達の成長が楽しみで仕方ありません。

固定リンク | 2008年08月06日【33】

久しぶりの漢字検定

 前回受験したのは去年の秋だったので8か月ぶりの検定でした。
今回は6歳の長男の3度目の検定に加え、5歳になりたての次男も受験とあってちょっとだけ大変な思いをしました。どちらかと言えば体育会系の次男は、漢字はかろうじて80文字覚え書けるようになったものの、今度は平仮名でうまく読み仮名がつけられないことで受験直前まではらはらさせられました。日本語って難しいですね。
 次男にとっては渋々始めた漢字の練習ですが、覚えてみたら使いたくなるらしく色々な所で漢字を見かけては嬉しそうに読み、園の連絡帳に知っている限りの漢字を羅列してみたり、毎日兄に手紙を書いたりするようになりました。他の生徒さん達も同じように興味を持ち始めたとのこと。検定は良いきっかけとなるようですね。
 今回当センターからは、4歳から9歳までの受験者がいました。全員が学年より上の級を受験とあって結果が楽しみです。
 と、感慨にふける間もなく7月6日に算数検定を控えて今受験者は算数モードに切り替えて猛勉強中です。それぞれの結果が出るのは受験から約40日後。追ってご報告いたします。

固定リンク | 2008年06月28日【32】

«    1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6    »    

- 管理用 -

最近の記事

月別記事

あさひ英才教育センターには、宮崎,都城,西都,小林,日向,日南,延岡など宮崎県一円から生徒さんが来校しています。

TOP入室案内アクセスマップ教室の内容教育理念センター概要

お知らせご父兄の声Q&Aお問い合わせ通信教育部オリジナル教材販売